view-source:のようにHTMLのソースコードを表示してくれる 「viewsource」

スポンサーリンク

[browsershot url=”http://viewsource.in/” width=”500″]

FirefoxやChromeだとURLの前に「view-source:」をつけるとHTMLのソースコードが見られるようになっています。なので view-source:http://rakugakichou.com/ のように入力するとそのページを表示せずにソースコードが見られます。

viewsource を使えばそれっぽくHTMLのソースコードが表示させることができます。ブックマークレットを使えばさらに簡単です。

viewsource

URLを入力するか左上のブックマークレットを登録して使います。

viewsource

すると、ページを表示せずにくHTMLのソースコードが表示できます。

viewsource

ページを表示させないで、HTMLのソースコードだけを確認したいときなどにどうぞ。

viewsource


PAGE TOP